スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
洗車したら、あらまぁ
2005-11-11 Fri 01:03
納車されてかなりの月日が経つが、実は一度も洗車してなかったりする。ガレージはシャッターはないものの、幸いにもコンクリートで囲まれ屋根付きだし、雨の日は乗ってないのでホコリくらいであまり汚れてもいないが、さすがにそろそろと思ってはじめて洗ってみた。

洗ってみるといろんな部分に気付くものだ。
あらまこんなところにスリキズ。ちょっとエクボもあるやん。あれ?ここ割れてるしこっちは錆びてるなどたくさんの発見もあったので少し書いてみることにする。

おいらのマセは塗装の状態も非常に良い。スクラッチなしキズほとんどなし。ちょっとしたスリキズが2箇所とエクボ1箇所くらいだった。でも、ドアエッジの塗装で少し大きなはがれがあったので修復をお願いした。
ところがこれ、ドアエッジなのにドア丸々1枚ペイントされてしまった。そこまでしてくれなくても良いのにっていうか、オリジナルの塗装上からパー吹きするくらいなら厚めに塗ったタッチペンのが全然よかったのだけどなと思っても後の祭りである。

洗車して気づいのがボンネットについているエアスクープ。
これプラスチック製だけど割れてた。機能に影響があるわけではなく、精神衛生上の問題なのでそのうち交換したいとも思っている。ただ、片側だけってパーツで取れるんだろうか。


3200_1

※赤丸部分、見にくいけど何か筋が・・・・。

3200_2

で、拡大してみた。



あとは、給油口のオープナー。正確には、オープナーとボディを止めてる部品が皮膜がはがれ錆びている。ボディ側の留め金と接触する部分の皮膜がはがれて、ここって水も入るから錆びたんだろうな。

3200_3

その部品はオープナーとボルトで留めてあるのでそれ自体の交換は可能だけど、はたして部品が取れるかどうかが問題。オープナーごと交換なんてことになると値段がどうだろうかとも思ったりするが、ま、今のところ大きな支障はない。

スポンサーサイト
別窓 | MASERATI 3200GT | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| BLOGDIVISION |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。