スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
LEXSUS IS-F
2008-05-18 Sun 16:57
もう1年くらい前のお話。
どこのショーだったか忘れたが、IS-Fが初めて出品されたころのこと。

おいらもこのクルマのコンセプトはとっても好きなので興味深々で雑誌を見た。
なになに5LV8積んだM3イーターだと。小型セダンに大排気量って日本じゃ珍しいぞええやんすげぇやん。

このクルマ、まさかトヨタがこんなの作るんですかみたいなコンセプトであったりするわけで、大排気量ハイパワーエンジンにちっちゃなボディの組み合わせはまさにメルセデスW124の500Eみたいなクルマ。

過去にプログレという小型高級セダンが出たときにもあのトヨタがと大反響だったが、あれでも3Lが最大。今回はさらに本気ぶりはタダモノではなくかなりの前評判。

このクルマ、実はエンジンだけではなく、ミッションが結構キモ。マジでミッションすげぇじゃん。

雑誌は面倒なのかトルコンATと紹介しているケースが多く、巷の人も普通の6速トルコンATだと思ってるだろうけど勘違いだよと。

いわゆる既存のロップアップクラッチをうまく使い、マニュアルモードだと2速から上はトルコンを介さず全てロックアップクラッチを使ってシフトアップしていくのだそうな。

細かな説明や技術解説はおいといて、ロックアップクラッチを使っているということはエンジンからの出力はトルコンを介さずダイレクトに伝わっているわけで、イメージで言っちゃうとトルコンATと2ペダルオートマの両方を併せ持って自分で切り替えができるぞって感じ。

普通に流すときはトルコン介して大排気量大トルクでイージーにジェントルにクルージング。
で、いざとなりゃMレンジでDSGやSMGはたまたセレスピードよろしく2速から6速までトルコン介さずパンパンギア入れ替えてダイレクトにカツンカツンとシフトアップ。もちろんシフトダウン時はエンジンふかして回転合わせますぜ。

そう、トルコンATでありながらマニュアルミッションのダイレクト感もちゃーんと味わえるATなのだ。
しかも変速スピードはマレリのF-1ミッション(フェラーリ599などに搭載されてて、マセラティのカンビオコルサやセレスピードと基本的に構造が同じ2ペダルオートマ)と同じだっつーんだからすげぇミッションです。従来のAT使ってまさにコロンブスの卵的な発想のこいつはスポーツセダンにぴったりだとおいらは思います。

おいらは、試乗で156セレスピードに乗って以来、いわゆる2ペダルオートマはセダンに似つかわしくないと常々思っている。

どんなにシフトチェンジが早かろうが、あの違和感のある変速の間がトルコンにかなわないと思っている。
おいらはトルコン信者ではなくマニュアルミッションが好きなのだが、やはりセダンはその性格からジェントルなトルコンオートマが2ペダルオートマより絶対良い思うのだ。
そういうわけで、セダンにトルコン主体でスポーツミッションを開発したトヨタには拍手を送りたい。

とっくに2ペダルオートマ開発してるのに(すでにMR-Sで販売済み)あえてトルコンオートマにマニュアルミッションのダイレクトさを組み合わせるところがさすがである。

こりゃすげぇわと感心しながら記事を読み進めるとチーフエンジニアのインタビューと顔写真が掲載されてて····。

えー・・・・あれ?・・・おい、ちょっとまてよこれ。

なんとまぁその方、おいらの旧知のお友達。あーらびっくり。これ開発したのアナタでしたか。

数ヶ月後、その人捕まえて、そのクルマのお話を聞きました。
勿論発売前なので聞ける情報は限られるけど、既に公となった情報だけでも充分楽しい話ができたのでした。
そのお話は次回にでも。
スポンサーサイト
別窓 | まちでみかけた変わったクルマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あーそうそう
2008-05-17 Sat 17:11
えーと、コルモラーニ番外編で出したクルマのクイズ。

その① モデリスタのカセルタです。MR-Sベースのクルマ。
その② ダイハツ コンパーノスパイダー
その③ プリンス スカイラインスポーツ

3つとも日本車で国内で発売されたクルマでした。
おいらはスカイラインスポーツが大好きです。デザイナーはミケロッティと聞いていますが、昔はこんな素敵なクルマがあったんですね。
別窓 | まちでみかけた変わったクルマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ランチア ストラトスGr.4
2008-05-17 Sat 16:19
お買い物に近所を走っていたら前からとんでもないクルマが走ってきた。
ランチア·ストラトスGr.4である。




面食らった。こんなのなんで走っているのか。
さて、なんでGr.4か一目見ただけでわかったのか。それはラリーカーそのものだったから。アリタリアカラーに黄色いホイールでフォグランプたくさん。
見た目はまったくもうサンドロ·ムナーリが乗ったモンテカルロのストラトス。

その衝撃度たるや、かつて田んぼのあぜ道を走ってきた935に匹敵(笑)





すれ違っただけなので中とかよく見えなかったけど、まぁ99.9%レプリカだわなー。でもレプリカでもすげぇなーやっぱ。

ストラトスはレプリカも数多いけど、レプリカもかなり精巧なものがある。カウルあけるとフレームそっくりなんてのはもう見た目わからんもん。

まかり間違っていやそんなことはないけどもしかして本物だったりしたらそれは凄いものを目撃したことになるんだけど、レプリカだとしてもやっぱすげぇー。

運転しててすっげーとつぶやいたあと、しばらく開いた口がふさがりませんでした。



愛知県は長久手町での目撃事例でした。

実は本物だったのかもしれん。
うーんでもまさか・・・・。

※画像はネットで使われているものをお借りしました。

別窓 | まちでみかけた変わったクルマ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
うーん残念
2008-05-06 Tue 17:27
スーパーアグリF1レーシングチーム、ついに撤退を表明してしまいましたね。
トルコまで行ったはよいものの、ホンダからの指示でパドックから締め出されているといった話も聞いていましたが、どうやら噂のワイグルグループとの交渉もうまく行かなかったんですね。
ホンダへの借金を3年で返すとかいってたのが、うまくいかなかった理由なのかな。
マグナグループは1年でといってましたからねぇ・・・。

うーん、応援してたのにすごく残念。
明日新聞に載るだろうから買ってみよ。
別窓 | etc | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| BLOGDIVISION |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。