スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
年末なのに壊れちった
2008-12-29 Mon 18:48
バッテリー再生計画は成功したかに思われたが、暫く充電してエンジンを掛けてもスターターは弱々しく回るのみ。

うーむ・・・こりゃどうやらバッテリー自体が寿命らしい。

やられた参った。不動車両になってしまったわコイツ。

仕方ないのでバッテリーを交換することにしたのだが、これがまぁなんともメンテナンス性が悪く、とても一人で交換出来そうにないのだ。いやほんとに。

丁度オイル交換の時期も重なってることもあり、高くつくかもしれないがバッテリーごと潔くプロの手に委ねることにした。

自走出来ないから引き取りになる訳だが、こういう時の為にウチはわざわざ工場から歩いて行ける距離に土地買って家建ててある。
無理なお願いも多少は聞いてもらえるように工場からの徒歩圏を配慮したのだ。イヤウソじゃなくホントなのよこれ。

そんなわけでバッテリー持って引き取りに来てもらったのだが、なんと恐るべしバッテリー交換してもスターターは弱々しくしか回らない。

ぐゎーマジすかやっべーこりゃスターターか!

どうもコトが簡単に運びそうにないことから、ついにはチーフメカまで出動し、自宅のガレージで悪戦苦闘。

チーフメカはバッテリーだけではなく、なんかアースがおかしい気がすると言う。
いずれにせよ、火が入らなきゃ移動は無理で、出直すことになったため、おいらはメカに鍵預けて「いつでもお好きな時に勝手に持って行って下さい」とお願いした。

さてそれから数日後、どうやって動かしたのかわからんがとにかく3200GTは工場に運ばれて、トラブルシューティングとなったワケ。

翌日社長直々に電話を頂き、コトの成り行きを教えてもらった。
やはり原因はスターターらしい。マイナス側がおかしく部品交換となった模様。

さすがチーフメカ。あんな道具もなんもないとこでよくそんなのわかるな。

「えー!パーツ手に入るんすか?」
今日は12月29日。コーンズなんてやってねぇだろ普通。

「あー持ってますから大丈夫デスヨ。」

やるねぇ流石。ちゃんとこんなのも在庫してんだってここんち。
在庫ったってあーた、フェラーリ・マセ系はそもそもパーツ単価がアホみたいに高いんですよ。んなもん何時売れるかわかんないパーツ持っとくのも大変ですよきっと。
バッテリーだって自宅に大小新品4つ持ってきてとっかえひっかえ開封して試してたもんなぁ。

つーわけでパーツは交換され、無事復活した3200GTに年始から乗れるはずだ。

というのも、この年末おいらはカミさんの実家に帰省しており、その間に持って行って貰って返しといて貰うと言うかなり適当で無茶なお願いしてるのであった。(笑)

いやー近くに住んでるとは言え、無茶な依頼もなんとかしてくれるかかりつけ主治医あってこそである。

こうした時限爆弾抱えてるようなクルマ維持してくには、なにより主治医が確保できるかどうかが一番重要だと常々おいらは思うワケデス。ハイ。


ところで・・・・・値段聞かんかったなそういえば。

こわー、いくらかかるんかな。
その答えはガレージに収まったクルマと同時に、郵便受けに放り込まれた修理明細書に刻まれているだろう。
あーこわ。
スポンサーサイト
別窓 | MASERATI 3200GT | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| BLOGDIVISION |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。