スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
アルファロメオ147GTA
2009-06-18 Thu 12:51
アルファ147GTAに乗りました。
お友達の購入にお付き合いしてちょいと試乗したのですがその時の印象を少し書いてみます。

まず感じたのはクルマのサイズ。
147GTA、決して小さくはないけど手頃なサイズで見切りも悪くない。運転し易いです。

着座位置が高いこともいいですね。
レーシーな感じは薄れますが、147GTAは飾っておく類のクルマではないので、乗ることを考えるとこのほうがいいです。

乗り心地はもっと固いものと想像してました。

流石に新車のシャッキリ感はないもののロールを拒まない特性は普通の147と同じです。

一緒にいた連れが、「サスがややヘタリ気味かも」と言ってましたから柔らかく感じたのはそれによるものかもしれません。
エンジンはパワフルの一言。しかも比較的高回転域までストレスなく回るエンジンです。

最近のアルファでこうした味付け珍しいですね。

音は若干演出が入っているのか、ノーマルなのにマフラー替えちゃったみたいな感あり。

中低音が強く個人的には好きではないですが、我慢できる範囲かなあ。唯一の残念賞。

聞いた話によれば、156GTAはもう少しエンジン特性も実用的らしく、この一種キレた感じは147GTAだけなんだそうな。

そんなわけで147GTA、今どき珍しい(といっても少し古いですけどね)かなりのじゃじゃ馬です。

タイヤとサスにシワ寄せ来そうだから、リフレッシュは足回りに少しお金掛けてあげた方がよいかもしれません。

今後アルファロメオではこうしたクルマが出てきそうにないので、恐らく最後の古典的なじゃじゃ馬。
きっと楽しめるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
別窓 | こんなクルマに乗ってみた | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| BLOGDIVISION |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。