スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
車検から帰ってきた
2009-09-28 Mon 20:15
ようやく車検から戻ってきました。
部品手配開始から約1週間。間に5連休挟んでるので、相当早いです。

請求書見てびっくり。これだけ交換して車検通してこんなもんですか。なんかすっごいリーズナブル。

おさらいしておくと、今回は車検と合わせて、3つの整備を行っています。
エアコンとエンジンと水周り。
交換部品はホース類が多いですが、ホースだからってなめちゃイケません。1本2万~3万くらい平気でします。大物はコンプレッサーですが、これはリビルドを自分で手配しました。

というわけで、
エアコン関連
・A/Cホース
・A/Cコンプレッサー(持ち込みです)
・A/Cエキスパンションバルブ
・A/Cリキッドタンク
・A/C真空引き、カズチャージ、オイルチャージ

次にエンジン周り
・コーンズにてテスター診断
・サージタンク脱着してノッキングセンサー交換(×2)

そして水周り
・タービンリターンホース
・ウォーターマニホールドホース
・ウォーターリターンホース
・ホースバンド類ショートパーツ

もちろん車検と普通の消耗品交換も
・車検整備一式
・自賠責保険
・重量税
・LLC
・デフオイル
・エアフィルター
・ATF交換、フィルター交換

これだけやって、持ち込みのコンプレッサー込みでだいたい50万円代後半。
うーんリーズナブル。ま、実際高いんですけど、3200のパーツ代知ってる人ならだれもがリーズナブルと思うはずです。

これもひとえに、本来なら眼の玉飛び出るほどのパーツコストを低減してくれた主治医のおかげ。

ありがたいですね。


前回タイベル・ウォポン系やって、今回エアコン水周りとATやりましたからね。これでひととおりです。あとは足周りですが、もう少しいけるでしょう今の感じなら。
今回はバッテリー交換しませんでしたが、これはバッテリーメンテナーが効いてますね。あれ以来始動は一発で常に好調。バッテリーの寿命を延ばしてくれるようです。あと1~2年は持つでしょう。

早速乗ってみました。エアコンは以前のようにガンガン効くし(3200はエアコン寒いくらいによく効きます。)アクセル踏めばガツンと怖いくらいの加速が蘇りました。
あーやっぱパワー出てなかったんだ。でも十分早かったから気づかなかったよ。

いつもついてたCHECK ENGINEの警告灯。別に不都合なしとそのままにして乗ってたんですけど、本当におかしかったんですね。

お約束とか言わずにちゃんとテスター当ててもらったほうがいいですねぇこれからは。

手を入れたあとの調子が良い状態ってのは。ホントうれしいもんですね。
スポンサーサイト
別窓 | MASERATI 3200GT | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ポインター発見!
2009-09-23 Wed 20:19
岐阜から小牧へ向かう国道41号の帰り道、対向車線のガソリンスタンドで給油中のポインター発見!。

いやーぶったまげたのなんの。たんぼの真ん中の道で935が前から走ってきたとき以来の衝撃(笑)。

あー、長久手の外大前でモンテ仕様のストラトスGr.4のときもびっくりしたけど。

でもポインターですよ。ウルトラセブンですよみなさん。

もうびっくりです。

運転してたので写真撮れませんでした。

残念。

ポインター知らない人はココ見てね。


別窓 | まちでみかけた変わったクルマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
車検その後
2009-09-23 Wed 20:06
実はまだ3200GTは車検から帰ってきていません。
トラブルシューティングと見積りに時間がかかったためですが、ようやく見積りが出てきました。

やはりというかなんというか、70Kほどの金額が・・・。でも、もう少しかかると思ってたからほっと一安心。

交換部品はエアコン周りでコンプレッサーとエキスパンションバルブとホース類。水周りはホース類。そしてエンジン周りでノッキングセンサー。特に高いのは予想通りコンプレッサーです。

少しでも安くするために、大物は自分で値段を調べてみることに。

よく覗いているイギリスのユーロスペアーズで探してみます。
ここんち、フェラーリ・ランボ・マセラティならほとんど全ての車種が網羅されており、パーツリストも完備でとても使いやすいパーツ屋さん。

調べてみた結果、パーツはあるにはあるけれど、手間賃と送料入れたら値段に大きな差がないことが判明。
多少は安くあがるけれど、自分で負うリスクも高まるわけで、主治医に任せたほうが安心と判断。

特にコンプレッサーは、邦貨換算20万円だったのですが、四方八方手を尽くしてくれた主治医のほうが、もう圧倒的に安いのです。

さすがは主治医。あちこちにネットワークを持っているだけのことはあります。大した儲けも出ない値段でユーザーのためにパーツ手配の配慮してくれてるのにとても感謝。

古めのマセラティは国内正規品(コーンズから供給)のパーツ価格が高騰しており、ちょっとした整備にも多くのパーツ費用がかかります。
冗談ではなく、V8フェラーリを維持するのとなんら変わらないコストがかかるのです。

こうした事情を踏まえ、主治医のLussoでは、自社顧客のパーツ供給に不安の無い様、ちゃんと準備がされていました。よかったよかった。

主治医に電話して、コンプレッサー以外の部品の調達をお願いしました。コンプレッサーについては、新品以外にも使えるものを探すことにしました。

ユーロスペアーズで、コンプレッサーが旧ポルテ・エボと共通部品であるというネタも入手し、リビルド品を探すことにします。探すのはサンデン製SD7V16。

こちらは国内で意外とすんなり見つかります。ヤフオクに電装品屋さんがリビルドコンプレッサーを出品していました。

その業者さんはジ・ローバルという会社。ホームーページを見てみると、1年間の保証も付けており、商品もよさそうです。
念のため、車体番号と型式で在庫問い合わせを行うと、1時間くらいでとても丁寧な説明が帰ってきました。

おぉ、なかなかいいぞこの会社。

そしてなにより値段が安い。リビルドなんで、コアの返却が必要となりますが、にしてもかなり値段を下げられます。

早速ヤフオクで落札。手数料込で70Kほどです。
もちろん、持ち込みになるので、パーツが違ってた場合はオウンリスク。

今回コンプレッサーだけ自分で探して持ち込みますが、普段はこんなことしません。
こちらのリスクもあるし、間違ってたら主治医にも迷惑掛けるしね。
自己責任で無理を言ってお願いしています。

よーし、いくらか値段下げることもできたしこれでなんとかなるかな。

明日には商品も届くし、ようやく整備開始です。
別窓 | MASERATI 3200GT | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| BLOGDIVISION |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。