スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ランチア デルタ インテグラーレEVOLUTIONE
2006-04-21 Fri 23:50
delta

特に珍しいクルマでもないが、こいつは良く会社の前に止まっている。
リアスポ立てて赤のボディカラーで非常に目を引くのだが、誰が乗ってるのか気になってたクルマ。

あるとき、ドライバーを目にすることができた。降りてきた人はなんと女性。これにはまいった。めっちゃカッコよかった。
デルタ普通に転がしてスーツ姿で降りてくる女性があまりにもかっこよかったので載せてしまった次第である(笑)

だってかっこよかったんだもん。(笑)

デルタインテグラーレEvoは、元々普通の2ボックスハッチであるデルタの4WDモデルであるデルタHF4WDから進化を重ねたモデル。

WRCのグループSがキャンセルされ、グループBからグループAに移行した際にWRCマシンとして鮮烈なデビューを飾り、以降勝利を重ねたクルマである。
WRCで脚光を浴びたこともあり、日本ではイタリアブームと相まって異常なデルタ人気が起こり、つい最近まで不当と言えるほどプレミアが付いていたことは記憶に新しい。
デルタHF4WDからデルタインテグラーレ(8V/16V)、EvoⅠ、EvoⅡと進化を重ねたが、いまだにEvoⅡなどは結構なプライスタグが掲げられている。逆にEvoが付かないインテグラーレは乗り捨てられてしまったのか、大丈夫か?と思うくらい安い値段で売られていることが多い。人気も凄かったが、荒れたクルマも多いらしい。

おいらは、8Vの頃からずっとデルタがほしくてほしくて仕方がなかった。155や156などよりずっと欲しかったのだが、ネットで恐ろしいほど壊れるレポートをたくさん読んで手を出すのが怖くなり、次点だったアルファロメオを購入して現在に至る。今でも実は欲しい1台。

ちなみに、デルタのパワートレーンはエンジンと4WDシステムそっくりそのままアルファロメオ155に移植されて売られたことがある。155Q4というクルマだ。こちらは、かなり高かったので、中古車市場でもあまりお目にかかることはない。特に、マイナーチェンジ後のワイドボディのQ4はその後すぐに販売終了となったため、まずお目にかかることはできないレアなクルマだ。


スポンサーサイト
別窓 | まちでみかけた変わったクルマ | コメント:0 | トラックバック:3 | top↑
<<メルセデス・ベンツCLK-GTR | BLOGDIVISION | アストンマーティン V12ヴァンキッシュ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ランチア・デルタデルタ(Delta)は、イタリアの自動車会社、ランチアが1979年に発表したハッチバック型の乗用車。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL …
ランチア・デルタデルタ(Delta)は、イタリアの自動車会社、ランチアが1979年に発表したハッチバック型の乗用車。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL …
アルファロメオ・155155は、イタリアの自動車会社アルファ・ロメオが1992年から1997年まで製造、販売していたセダン型の自動車。アルファ 75|75の後継にあたり、アルファロメオ・156|156にバトンタッチして引退した。アルファ155とも呼ばれる。.wikilis{font-size:10p …
| BLOGDIVISION |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。